人間関係の悩み

心の境界線

心にも境界線というものがあります!

もし、隣の家の庭木が
あなたの家の庭に大きく
はみ出して
いたら・・・

また、お向かいの家のごみ箱が
あなたの家の玄関の前に
いつも置いて
ある・・・

嫌ですよね???


このように、

目に見える自分のテリトリーに
何かが侵入してきたり

誰かのものが
自分の敷地に
置いてあったり...

物や敷地などであれば
境界線を越えて侵入していると、
目に見えるのでわかりやすいのですが・・・


じつは、
心にも境界というものがあります。

“私”と“私以外の人”を区別するもの。

“私は私”、“あなたはあなた”という感覚です。

これ、とっても大事です!!!

 

そして、

身体的、心理的にも
あなた以外の人が越えてはならない
一線のことを“境界線”と呼びます。

家族やきょうだい・友人、職場の人
たとえ親子であったとしても
どんなに親しい間柄の人でも、

自分と自分以外の人は、
けっして一体ではありません。

 

 

もし、この境界線が壊れていると...

もし、この境界線が壊れていると
どういうことが起こるかというと、

あなた以外の他人が
あなたの思いとは関係なく
あなたの心に
ずかずかと土足で出入りしたり、

他の人に起きていることが
自分の中に流れ込んだり、

ほんとうの自分自身が
わからなくなったり、

まわりの人に翻弄されたり、

ということが起こります。

 

 

こんなことはありませんか?

具体的には、

・人にNOと言えない。

・自分のことを傷つける人、
大切に扱ってくれない人と一緒に居続ける。

・いつも体の同じ箇所、同じ側ばかり
ケガをしたり、事故にあったり、ぶつかったりする。

・苛酷な状況に身を置き、逃げ出さない。

・批判されると、落ち込みが激しい。

・相手を自分の価値観に合わせようとする。

・自分を相手の価値観にあわせようとする。

・欲しいもの、必要なものが要求できない。

・人につけこまれやすい。

・自分だけの時間をもてない。

・自分で決断できない。

・他人の問題解決に必死になる。

・自分のことよりも人を優先し世話をする。

・自分のしあわせ、喜びは他人次第だと思う。

・人の意見に合わせてしまう。

・相手の機嫌が悪いのは自分のせいだと責任を感じてしまう。

・相手のすべてを独占したい。

いかがでしょうか?



 

どうやって境界線はつくられるのか。

では、どうやって境界線は、
つくられるのでしょうか???

生まれてからお母さんに依存していた
赤ちゃんも、
何でも「イヤ、イヤ!」と言うようになる。

・・・もう、お母さんの一部ではありません!

3歳ごろの第一次反抗期。

~・~・~・~・~・~

「うざい!」と言う。

・・・私はわたしです。
もう、言いなりになりません!

思春期の頃の第二次反抗期。

~・~・~・~・~・~

どちらも、怒りの感情を使って

自分のテリトリー(境界)を作り、
守り、強化していきます。

親から自立していくうえで
なくてはならない必要な過程です。

 

 

私もこの境界の問題がありました!

私も、この境界の問題ありました。

たとえば、

人に対して自信がない。

NOと言えない。

批判されると感じるとすごく落ち込む!

人のことを優先してしまう。

相手が機嫌を損ねたと思うと、
自分のせいだと感じて自分を責める。

欲しいものが欲しいと言えない。

家族をコントロールしたくなり、
相手を自分の価値観に合わせようとする。

・・・

・・・

 


もちろん、今はきっぱりと止めました!

 

何に気をつけたら良いのでしょう。

では、いったいどんなことを
気をつけたら良いのでしょうか?

《身体の境界》

○自分を消耗させるほど仕事をしない。

○自分のための安心できる場所の確保。

《感情の境界》

○相手の感情に無理に合わせたり、
引きずられない。

○自分の感情を素直に感じる。
偽らない。隠さない。

○こう感じるべきではないと
自分を責めない。

《責任の境界》

○他人の負うべき責任は、引き受けない。

○一人で責任を抱え込まず分担する。

○重すぎる責任は軽くしてもらうように
交渉する。

《時間の境界》

○時間の使い方は自分で決める。

○自分だけのための時間を持つ。

これ以外にも、お金や性的な境界
大丈夫でしょうか?

 

 

ちなみに・・・

押しつける人と
我慢して合わせる人は
セットで存在しますが、

自分と自分以外の人との間に、
境界線が引けていないという点で
どちらも無境界な人
ということになります。


壊れた境界線を修復し、

自分と他人の区別を明確にし
尊重することができると、

人間関係における安心・安全な感覚と、
自分の手に自分の人生を取り戻す
ことができます。

 

怒りの感情適切に使えるようになる
と良いですね!

 

具体的には、このようなことが手に入ります!

怒りの感情が適切に使えるようになると、

イヤなことは、嫌だと言えるようになります。

自分の意見をしっかり持つことが
できるようになります。

まずは自分を大切にして
相手も大切にすることができるようになります。

自分で決断することができるようになります。

自分の人生に主体性を持つことが
できるようになります。

安心・安全の場に身を置くことが
できるようになります。

自分を大切にしてくれる人と付き合う”

「人の意見は人の意見!」
と捉えられるようになり
過剰に落ち込まなくなるります。


私やあなたがそれぞれ、
自立した私自身
あなた自身として存在しているとき、

本当の意味での親密な関係が
生まれます。


心理セラピスト 江上ユキが

提供させていただいている
感情クリアリング心理セラピーは、

適切に怒りの感情を
使えるようになること。

壊れた境界線を修復し
あなたの生きづらさを解消する

ことも、

しっかり丁寧に
サポートさせていただきます。

そうすると、

人に必要以上に振り回されず、
自然に楽にいきいきと
生きることができるように
なります。

 


 


あなたとあなたの大切な方が、
いつもおしあわせでありますように。

 

最新の情報


★訊いてみたいこと、話してみたいことありませんか?

 安心・安全な、あたたかい場です。どうぞお気軽にご参加ください。
⇒お茶会『陽だまりサロン』

★募集中の講座や企画
⇒『ただ今募集中!』

★今後の最適な道筋をつくる。
 あなただけのオーダーメイド、プライベート相談カウンセリングです。
⇒『初回相談カウンセリング』

-人間関係の悩み

Copyright© 広島 不登校 心理カウンセリング セラピールーム Relief 心理セラピスト 江上ユキ , 2020 All Rights Reserved.