なぜ、あなたの悩みは意志の力では解決しないのか?

こんなことはありませんか?

  • 感情が暴れたり起伏が激しく、感情に振り回されて困っている
  • 止めたいのに同じことを何度も繰り返してしまう
  • いつも人間関係が同じパターンで上手くいかなくなる
  • そんな自分をダメだと責めたり否定してしまう

それは、あなたがダメだからでも、意志が弱いからでも決してありません。

あなたが現在抱えているお悩みが、頭でわかっているのにやめられないのには、理由があります。

意志の力で努力しても変えられない悩みや問題、心因性の症状等には、思考や行動に対してマイナスに働く【無意識の思い込み(ビリーフ)】と、怖れや悲しみ、怒りといった【ネガティブな感情】が必ずセットになっているからです。

本能がつかさどる【無意識の思い込み(ビリーフ)】【感情】は、思考や意志の力ではコントロールすることはできません。

それは、自転車のペダルを一生懸命こいで前に進みたいのに、ブレーキを強く握りしめているような状態です。

あなたが、

どんなに頑張っても一向に悩みが解決しない!

ダメだとわかっているのに止められないことがある。

もしそう思い当たるのなら、私は、きっとあなたのお役に立てることと思います。

悩みや問題を解決するための答えは、あなたの外側ではなくあなたの内側にあります。

起こっている悩みや問題の原因は、決して私たちの外側には存在しません。

多くの人は悩んでいる時、“相手に問題がある”とか、“こんな思いをするのは、〇〇のせいだ”などと非難や批判をしたり、自分の外に問題の原因を見つけて責めてしまいがちです。

しかしそう感じているのは、あなたご自身であり、悩みや問題に対する解決のための答えは、あなたの外側ではなくあなたの内側にあります。

だからこそ、あなたのお悩みや問題、心因性の症状等は、あなたご自身が解決することができます。

 

変えられるものと変えられないものを正しく認識する。

他人や周りをコントロールすることも、過去の出来事を変えることも、過去の事実をなかったことにすることもできません。

しかし、あなたの過去の事実に対する感じ方・捉え方他人や物事に対する感じ方・捉え方は変えることはできます。

もしあなたが、変えられないものを変えようとしたり、逆に変えられるものを変えられないと思い込んでいるとしたら、それが苦しさにつながっている大きな要因の一つかもしれません。

まずは、変えられるものと変えられないものを正しく認識すること。

変えられるものは唯一【あなたご自身だけ】ということに気づくことが大切です。

 

そうなるには、必ず理由と原因があります。

悩みを抱えたり、問題が起こるということには、必ずそうなる理由や原因があります。

悩みや問題を抱えること自体は、決して悪いことではありません。

“あなたの今までの生き方や考え方、やり方ではもう無理や限界が来ているよ。”

“生き方を変えたほうがいいよ。”

そう教えてくれているサインだからです。

悩みや問題に、適切な方法手段で向き合うということは、今後あなたが今よりもっとしあわせに生きるための、必ず大きなチャンスにつながることでしょう。

 

私たちの性格について

ある心理学では、私たちの意識は、1~3%の顕在意識99~97%の無意識(潜在意識)から成ると言われています。

それだけ無意識や潜在意識が私たちに与えている影響は測り知れないほど大きいということです。

『なぜ、思考や意志の力で努力しても悩みや問題が解決しないのか?』

ここに問題解決のための大きなヒントがあります。

例えば、家について考えてみると、家の基礎や土台部分は、家が完成したら見えなくなりますが、基礎や土台をないがしろにしたり、しっかり作らなければ、崩れたりグラグラして倒れてしまいます。

心も同様です。

持って生まれた個性や特性の他に、

幼少期に身に付けた、

人とのつながり方や安心感の有無

捉え方や価値観、感情の感じ方のクセ

セルフイメージ等は、

あなたの性格の土台を形成するものです。

今の現状が辛いのは、あなたがダメだからなのではなく、育った環境の中にそうなる理由と原因が必ずあります。

育った環境の中で生き延びるために身に付けてきたこと・・・

子どもが生きていくための、あの手、この手の生存戦略が、この無意識の見えない心の土台部分に含まれています。

今、もしあなたが感情に振り回されたり、不安が大きく安定性が欲しいと感じるなら、

この土台部分の感情を癒し傷を修復していけば良いわけです。

 

なぜ感情が、問題解決の鍵を握るのでしょうか?

私たちには、生きていくうえで二度と辛い思いをしたり、傷ついたりしないように、自分を守るための防衛機制という働きが備わっています。

実は、一般的にネガティブと言われる感情は、自然に感じられると消化されて心身に残りません。

しかし過去に、感情を我慢したり無意識に抑え込んだり、大きな情動を伴う体験をしたり、大きなショックを受けて感情がフリーズした場合、

未消化の感情は冷凍保存されたまま心身に記憶され、それ以降、大人になってからも、過去と同じような場面や状況で、身体反応としてよみがえってきます。

同じような場面で、同じような嫌な感情や感覚を何度も経験したり、上手くいかない同じパターンを何度も繰り返すのは、そういう理由からです。

子どもの頃に、我慢することが身に付いていると、そのまま大人になっても感情を我慢したり、抑え込むという生き方を続けてしまいます。

そうして溜まった感情は、自然に消えたり、なくなったりすることはありません

いずれ抑圧された感情や気持ちが溜まって溢れ出してくると、身体が悲鳴をあげだします。

これを、心身症(自立神経失調症)と言います。

また、感情が大きく揺れたり、イライラしたり、キレたりして感情をコントロールできなくなってしまうのは、決してわがままだからではありません。

むしろ逆です。

今まで気持ちの我慢を重ねてきたうえに、さらに我慢をしているから感情が爆発してしまいます。

まずは感情を我慢していることに気付き、これらの感情を自然に解消してあげる必要があります。

 

性格は変えられます!

今のあなたのままでOKです!

でも、もしあなたが、

生きづらさを抱えて苦しい。

人間関係が辛い。

セルフイメージが低くて「私なんて」と自己卑下をしてしまう。

心や身体にいろいろな症状が出ている。

そのようなことでお困りでしたら、まずは楽になることを目指しましょう。

楽に日常を過ごせるようになったら、その後、さらにプラスを高めて、あなたがお持ちの能力を発揮しながら、しあわせに生きるという選択肢があります。

子どもの頃のあなたは、

どんなことを感じ、何を我慢していたのでしょう?

本当は何を言いたくて、何に傷ついていたのでしょうか?

お母さん、お父さんに本当はどうして欲しかったのでしょう?

あたり前になっている、自分の無意識の捉え方や感情の感じ方のクセに、自分自身で気づくことは、ほぼ不可能です。

もし、自分で気付いて変えられているなら、とっくに悩みや問題は解決しているはずだからです。

心理カウンセリング・セラピーは、安心・安全を最優先する場です。

安心感を感じながら、子どもの頃の未完了の気持ちや感情を消化させ、間違った思い込みや価値観を変えていくことによって、

悩みや問題は、辛い努力をしなくても自然に解決していきます。

あなたのお役に立ちそうだと思われましたら、ぜひ、プロの心理セラピスト 江上ユキの手を借りてみてください。

 

そしていったいあと、どれぐらい今の生き方を続けていきますか?

悩みや問題が根本から解決するということは、もう辛い努力をしなくても、以前の苦しい感覚や状態を思い出せなくなったり、意識に上らなくなるということです。

あなたはいったいあとどれぐらい、このままの状態を続けられそうでしょうか?

もう充分に今まで、頑張ってこられたのではないでしょうか?

自信がない赤ちゃんも、自分を責めている赤ちゃんも、生まれた時から感情を我慢している赤ちゃんもいません。

心身にしっかり刻み込まれている『過去の感情』をないことにしたまま、問題の本質的な解決を望むことはできません。

悩みや問題を解決して、しあわせを感じながら生きるということは、今まで我慢や犠牲にしてきたあなたの【本当の気持ちに気づき、自然な感情を取り戻していく】というコツコツとした作業の積み重ねです。

それは、あなたご自身を大切にするということであり、生まれ持った本来のあなたらしさを取り戻していくということに他なりません。

どうか、あなたご自身があなたのことを好きになり、自然な笑顔がたくさん増えますように。

そして、あなたの大切な人にもたくさんの笑顔が溢れますように!

 

Copyright© 広島 心理カウンセリング セラピールーム Relief 心理セラピスト 江上ユキ , 2020 All Rights Reserved.