TEL: 050-6871-7130
【営業時間】10:00〜21:00(完全予約制)
【Zoom】全国、海外  【対面】広島市内

自責感・無力感・絶望感

私には無理というあきらめグセ『学習性無力感』

2022年11月19日

あなたには、やりたいことや叶えたいことはありますか?

そして、それは叶っていますか?

もし今、叶えたいことがなかったとしても
過去を振り返ってみていかがでしょう?

 

━━━━━━━━━━
▼“私には無理・・・という思考グセ
━━━━━━━━━━

もし、やりたいことや
叶えたいことがあったとしても

「私には、無理」

そう思ってあきらめたり
後悔してることはないですか?

わたしの場合は、

中学生ぐらいから
そういう感覚を持っていたんですね。

何かを決める際には、

色々と上手くいかない
わるいことを想定して、

「やっぱり無理!そうなったら怖い」
と諦めてしまうクセです。(泣)

 

たとえば、

何かをやってみたい挑戦したいと思う時、

・やりたいことを考えると、
その時はテンションが上がるのに
結局、行動に移さない。

・そのうちだんだん気持ちがしぼんでいく。
ということを繰り返している。

・「もし、できなかったらどうしよう!」
という思いが瞬時に湧いてきて、結局あきらめる。

・私には、出来る気がしないと思う。

・「あの人は、私と違って特別だから。」と思う。

・そもそも最初からあきらめている。

・夢自体がない。

・夢があっても現実に叶う気がしない。

・『ものごとが続かない』を繰り返している。

そんなことがないでしょうか?


このようなあきらめグセがある場合、

「私には、無理!」という
無意識の思い込みを持っている

可能性が考えられます。

そして、そうなるのにも
やっぱりそうなる理由と原因があるんです。

もし、あなたがそうだとしても

けっしてダメだから
そうなっているのではありません。

むしろ逆なんです。

━━━━━━━━━━
▼たとえば
こんな理由や原因が考えられます。
━━━━━━━━━━

ちょっと想像してみて欲しいんです。

たとえば、幼い頃に、

長期にわたってストレス回避困難な
生育環境に置かれていた。

誰も助けてくれない。

どう訴えても親に伝わらないし
味方になってくれない。

自分が欲しいものを
あきらめ続けなければいけなかった。

子どもという立場で、
どう自分ががんばっても解決できない
親の問題を背負い無力感を感じた。

この辛い状況から脱出できない
絶望を感じた。

お母さんやお父さんの
役に立ちたい、喜ばせたいと努力したのに
親はいつも辛そうで無力感を感じた。


もしそんな状況や環境に置かれていて

そういう体験をしたとしたら

子ども心に、

『私にはどうせ無理』
『何をやっても報われない』

そう感じたり、

そういう思い込みが
無意識に刷り込まれたとしても
無理はありません。

━━━━━━━━━━
▼学習性無力感というお悩み
━━━━━━━━━━

心理セラピーを受けても、

「私は変わっていない(ような気がする)。」

「やっぱり、状況を変えることはできないかも。」
(江上から見ると着実に変わっている。)

「やっぱり、私はどうせ無理!」

という気持ちが湧いてくることがあります。

そんな感覚が湧いてきたり、

今までもそういう感覚を繰り返しているなら、

それは、【学習性無力感】(学習性無力障害)かもしれません。

もしそのような感覚をお持ちなら、

カウンセリングでまず最初に
そこから解決していきましょう◎

━━━━━━━━━━
▼自分で自分をあきらめない
自分で自分を見捨てない。
━━━━━━━━━━

「自分で自分をあきらめない。」

そう決めるとき、
きっと人生が明るい方向に拓けていくことでしょう。

同時にそれは、

『自分で自分や自分の人生を
見捨てないということ』

だと、わたしは思います。


子どもの頃のあなたが、

本当は喉から手が出るほど
欲しくてたまらなかったもの。

けれども
あきらめざる得なかった絶望感、
無念さや怖れの気持ち。


小さな子どもの頃の
あなたの気持ちが
置き去りにされていたからこそ、

大人になったあなたが、
それらの気持ちを無視しないで

子ども自分のあなたの気持ちに
大切に寄り添ってあげて欲しいのです。


大人のあなたが

小さい子どものあなたの気持ちを
無視したりスルーしてしまったら

誰があなたの理解者や味方になるのですか?

.

安心感
.
.


━━━━━━━━━━
▼悩みを解決するための
ファーストステップは、正しい知識を得ること
━━━━━━━━━━

悩みを解決して楽になり、
しあわせな人生を送るためには、

まず、正しい心の仕組みと
知識を得ること(学び)が、
必要不可欠です。

そして、知ってるだけや、
頭でわかっているだけでは、
変わらないし、変わることができません。

『無意識の心と感情に取り組む』

これが本質的に問題を解決する方法です。

 

無意識の心と感情に取り組まないと、

問題が表面上の解決にとどまり
結局、繰り返したり長引くことになります。

そのことは、誰よりわたし自身が痛いほど経験済みです。

 

わたしは、ここがわからなかったので
子どもの不登校が7年もの長期にわたって
長引くこととなりました。

.
.

.
.

 

━━━━━━━━━━
▼やらないで後悔していることはありませんか?
━━━━━━━━━━

わたしたちは
子どもの頃に決断した、

数えきれないほどの
【思考・感情・行動】
のパターンを持ち、

大人になってからも
まるでパソコンに組み込まれている
自動プログラムのように

正確にそのパターンを
繰り返しながら生きていきます。


子ども時代に育った家庭で、
たまたまそういう体験をして、
そう学習した。

大人になってからその後の人生でも

どこかで自分の人生をあきらめるという
パターンをずっと選択し続けている。

それって
ものすごくもったいないことだと思うのです。

 

いつからでも、何歳からでも
わたしたちは変わることができます。

あなたには、
ご自身の人生を生きる力があります!

【自分の人生を選択しながら
自分らしくしあわせに生きる】

そう決めるところから、
新たな人生の一歩が始まります。

そして、そう決めたあなたを
心を込めてサポートさせていただきます。
・・

初回体験カウンセリングはこちら≪







-自責感・無力感・絶望感

© 2022 全国対応カウンセリング広島 カウンセラー・心理セラピスト 江上ユキ