PTSD(心的外傷後ストレス障害)とASD(急性ストレス障害)について

▼トラウマについて


ショッキングな出来事を経験したことが原因で

心に傷を負うことを、トラウマ(心的外傷)と言います。

 

典型的なトラウマ体験には、

自然災害、虐待、戦争、犯罪、事故、いじめ、レイプ、DV(ドメスティックバイオレンス)

などがあります。

 

 

▼PTSD(心的外傷後ストレス障害)


トラウマ体験をしたことが原因となり、

 その後、心に異常な症状が引き起こされる事を、

 PTSD(心的外傷後ストレス障害)と言います。

 

 PTSDの症状としては、

 「再体験」「回避、引きこもり」「過覚醒」があります。

 

 

  【再体験】

 ・ 辛い体験の場面を繰り返し思い出す。夢に見る(フラッシュバック)

 ・ トラウマ体験を連想させるものに接すると、気持ちや身体が反応する

 

 

【回避、ひきこもり】

 ・ トラウマ体験に関係した状況や場所、人物などを避ける

 ・ トラウマ体験にまつわる内容について話したり、考えたり、感じることを避ける

 ・ 喜怒哀楽がなくなり、感覚がマヒする

 ・ 物事に関心がなくなり、興味が涌かなくなる

 ・ 周囲の人から孤立し、ひきこもる

 

 

【過覚醒】

 ・ 常に危険を警戒してビクビクしている。驚きやすくなる

 ・ イライラ、ピリピリしている。キレやすくなる

 ・ 集中力や注意力が低下する

 ・ 眠れなくなる。眠ってもすぐに目が覚める

 

 

 

 

▼ASD(急性ストレス障害)について

 

トラウマ体験の直後に、

PTSDと同様の症状が数時間から1ヶ月未満持続する一過性の障害を、

ASD(Acute Stress Disorders:急性ストレス障害)と言います。

 

  

ASD(急性ストレス障害)とPTSD(心的外傷後ストレス障害)の違いは

症状が現れる期間の違いです。

 

 

症状が1ヶ月以内のものをASDと呼び、

症状が1ヶ月以上経っても消えないものをPTSDと呼びます。

 

 

 

 

災害や事故などが起こった時に、 

直接被災しているわけではないのに

 

症状は比較的軽いものの

ASDの症状を経験されている方が

いらっしゃるかと思います。

 

 

具体的には

 

    ・ イライラ、不安、

 

 ・ 普通に生活ができていることや楽しむことへの罪悪感

 

 ・ 地震がないのに揺れている感じがする

 

 ・ エレベーターや電車、タクシーなどの閉鎖空間が恐い

 

 ・ 眠れない、眠りが浅い、すぐに目が覚める

 

 ・ アルコールの摂取量が増えた

 

 ・ 食べる量が減った、増えた。刺激物(脂っこい、辛い、甘い)を多く食べる

 

 ・ 肩こりや頭痛、全身の疲労感

 

 ・ 下痢や便秘

 

 ・ 発熱

 

といった症状を訴える方が多くなる可能性があります。

 

これらはASD(急性ストレス障害)の反応です。

 

 

 

 

大きなショックを受けるような出来事を

直接体験しなくても

ニュース等で見たり聞いたりすることもあるわけですから

普通の健康な心と身体を持った人であれば

 心や身体に何らかの症状が出るのは

ある意味、自然なことです。

 

 

健康な心と身体が正常に機能をしているからこそ

異常な出来事に対して

急性のストレス反応が起こります。

 

  

あなたやあなたの大切な方が

変になってしまったのではなくて、

起こった出来事が異常事態だからです。 

 

 

 


そして、

ASD(急性ストレス障害)を早めにケアをすることによって

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の予防にもつながります。

 

症状が気になる方は、

長らくがまんをしないで、

まずは受診されることをおススメします。

 

 

この記事を書いた人

hiroshima2920

意志の力では変えられない感情を根本解消!
親子問題解決カウンセリング

【親子問題と感情の専門家】
心理セラピスト 江上ユキ